一生の思い出写真を素敵に撮ろう

写真は、結婚式で欠かせないことのひとつです。
一生の思い出になりますから、良い状態を残したいもの。
そもそも結婚においての写真は、前撮り写真や当日の撮影など、何度か行われます。
プロのカメラマンが撮影してくれますから、仕上がりも抜群。
また近年はデジタル化する方も多く、データ化し写真をCDにして渡す方も増えてきています。
もちろんアルバムとして残すことも可能。いろんな方法がありますので、じっくり話し合って決めてください。

また、結婚写真は加工も可能です。
肌の色を調整したり、写真集のようにしてもらったり、全体のバランスを整えてもらったりなど、希望に合わせて加工してもらえます。
一生の思い出だからこそ、いろんな方法で最高の1枚を撮影してもらいましょう。

 

前撮り写真って?


結婚式の写真にはいろんな種類があります。
前撮り写真とは、結婚式とは別の日に撮影する写真のことをいいます。
別撮りとも呼ばれており、結婚式のときにゆっくり写真が撮れなかった方には有り難い写真撮影です。

前撮り写真の良いところは、落ち着いて撮影に挑めることでしょう。
結婚式の当日は、バタバタしていて満足のいく写真が撮れなかったという方は少なくありません。
前撮り写真なら衣装や表情をしっかり整えて挑めますから、満足のいく写真を撮ってもらうことができるでしょう。

前撮り写真では、ロケーションを決めて撮影することも可能ですし、スタジオでポージングを取って撮影することもできます。
まさに結婚記念に相応しい1枚を残すことができるでしょう。結婚式場での衣装合わせや、ヘアメイクリハーサルのときに撮ることもできます。

 

最高のロケーションで♪


せっかく記念の写真を撮影するなら、最高のロケーションを選びたいところ。
式場やスタジオでも撮影ができますが、神社や教会など、希望のロケーションで撮ってもらうこともできます。
なかには、自宅で撮影したカップルもいるとか。
お店によってどんなロケーションで撮影できるかはさまざまですが、せっかく写真を残すなら思い出の場所、最高のロケーションを選んでみてはいかがでしょうか。

ロケーション撮影が可能なお店であれば、できる限りの要望に応えてくれます。
ただどこでも撮影できるというわけではありませんので、要相談となります。
もちろん、スタジオ撮影とロケーション撮影をセットにすることも可能です。
まずはどんな方法で撮ってもらいたいのか明確にしておきましょう。

ちなみに、もっとも希望が多いロケーションは、チャペル・庭園・観光名所・公園・神社などです。
海や川、湖を希望されるカップルもいます。また、2人の思い出の場所も人気があります。

 

小物を使って可愛い写真に♪


ロケーション撮影でもスタジオ撮影でも、小物があると可愛さがグンとアップします。
小物は、洋装か和装かによって選ぶものが異なります。
一般的に人気のある小物は、ガーランドやフォトプロップスなど。
フォトプロップスとは、写真の額や吹き出しやメガネなどをモチーフにしたものをつけた棒です。
写真撮影のときに使う小道具として人気があり、結婚式の前撮り撮影でも頻繁に用いられています。
小物類はお店側が貸してくれる場合もありますが、自分たちで用意することもできます。
アイデア次第でいろんな写真撮影ができるので、まさに思い出作りにはぴったりでしょう。

もちろん、小物は撮影時に使えるものとそうでないものがあります。
たとえばガーランドの場合、前撮り写真や当日のスナップ撮影などに適しています。
フォトプロップスも、前撮り写真や当日のスナップ撮影に可能。一度スタッフの方に相談してみると良いでしょう。

 

セピアとモノクロでおしゃれに撮影♪


ロケーションや小物を用いた撮影も良いですが、セピアやモノクロにしておしゃれに撮影するのもおすすめです。
セピアやモノクロは一見すると暗い印象を与えますが、結婚式の写真は別。
深みのある写真に仕上がるので、先にも述べたようにとてもおしゃれな写真に大変身します。
もちろん、セピアやモノクロ以外にも、好みに応じてセレクトできます。
お店によって異なりますが、一度相談してみてください。

気になる費用ですが、前撮り写真の場合5~15万円と幅広く、もっとも多いのが5~10万円未満です。
ロケーションや衣装など、本格的に撮影するとなると、どうしてもそれなりの費用がかかってきます。
また、撮影した写真をアルバムにするかデジタル化するかによっても違うでしょう。
お得なセットプランを用意しているケースがほとんどですので、まずは相談してみましょう。
撮影時に着る衣装は、和装が人気。次にウェディングドレス、カラードレスとなります。
やはり和装はもっとも日本人に合うので、希望される方は多いようです。

せっかくの結婚式の写真、前撮りも当日もしっかり計画を立てて良いものを残しましょう。