逆プロポーズだってありな時代!

「逆プロポーズ」とは、女性から男性にするプロポーズのことです。
一般的に、結婚の申し込みを示すプロポーズというのは、
男性から女性に行うものなので、その逆バージョンということで、逆プロポーズと呼ばれています。
女性なら誰しも、男性からプロポーズされることに憧れるものです。
しかし、草食系男子が多くなっている昨今では、結婚に対して煮え切らない態度をとっている男性に対してしびれを切らして、
女性の方から結婚を申し込むということも少なくなくなってきています。

また、女性の中にはプロポーズは待つよりも自分からしたいという方もいらっしゃるため、
様々なことが寛容になってきた現代では、逆プロポーズもありな時代となってきました。
したがって、中々彼氏がプロポーズをしてくれないという場合や、
お互いに結婚する意思は確認し合っているけれど、
改めて私と結婚してくださいって言いたいと思っている場合には、逆プロポーズするのもありな時代です。

 

逆プロポーズってあり?どんな風に伝えればいいの?


いくら時代が逆プロポーズありという風潮になってきたからといって、男性の方はどう思っているのでしょうか。
実は男性の中には、逆プロポーズナシ派というものが存在します。
「プロポーズはやっぱり男がびしっと決めるもの」と考えている男性もいるので、すべての男性が逆プロポーズを受け入れることができるわけではありません。
彼氏によっては、「自分が言いたかったのに」とプライドが傷ついてしまう場合もあるので、
自分の彼氏は逆プロポーズありの彼氏かどうかというのは、しっかりと見極めてから行いましょう。

さらに、逆プロポーズをするときの伝え方も重要です。
「あなたがいつまでも言ってくれないから!」というような印象を与えるものはNGです。
あくまでも、「自分がプロポーズをしたかったからした」ということを前提で伝えるようにしましょう。

 

逆プロポーズに重要なこと


逆プロポーズをする前には、事前にしっかりと確認を行うということが重要です。
事前の確認としてチェックすべきこととして、3つのことがあります。

1つ目は、今の2人の関係性です。
彼とは、どんな関係性を築くことができているでしょうか。
女性が結婚を意識しているときというのは、彼への愛情が燃え上がりすぎてしまい、「恋は盲目」状態になっていることが多くあります。
結婚というのは、2人が一緒に居られるという安易なものではなく、家庭を築いていくという人生においても非常に重要なことのひとつです。
したがって、彼と思いやることができる関係を築くことができているかどうか、彼も結婚を意識している状態であるかどうか、ということを確認しましょう。

2つ目は、彼の状況です。
彼は今、仕事が一番という状況ではないでしょうか。
また、仕事や様々な人間関係の中で、結婚をすることができる状況にあるでしょうか。
結婚をすると、2人の生活を始めるために、今までの生活を送ることができなくなってしまいます。
自分の生活を取り巻くすべての環境が変わってしまうのです。
彼は、そうなっても大丈夫な状況にあるでしょうか。
もし、そうでない場合には、まだ結婚をすることができるとはいえないので、逆プロポーズは控えた方が良いです。

3つ目は、彼の親が子離れをすることができているかどうかです。
彼の親が子離れをすることができていないという場合、逆プロポーズが難しいです。
なぜなら、結婚というのは2人だけの問題ではなく、自分の両親や彼の両親にも関係のあることであるからです。
そのため、子離れできていない親を持つ彼に逆プロポーズをしてしまうと、「息子をとられた」というわだかまりが初めからできてしまうことがあります。

 

彼へ贈るおすすめの言葉


逆プロポーズで彼に贈るおすすめの言葉として、「おじいちゃん、おばあちゃんになっても一緒にいてほしい」というものがあります。
これは、彼といつまでもずっと一緒にいたいという気持ちと、未来の2人を連想させることができるので、おすすめの言葉です。
また、「私をお嫁さんにしてくれますか?」という言葉もあります。
この言葉の味噌は、「お嫁さんにしてください」ではなく、「してくれますか?」と疑問形にしているところです。
疑問形にすることによって、ストレートすぎず、かつ彼に選択肢を与える印象になるので、柔らかい印象で強く自分の意志を伝えることができます。

 

男性が嫌がるNGワード”


男性は、ネガティブなワードというのは、嫌がる傾向にあります。
そのため、逆プロポーズの際にも、ネガティブなイメージを与えるような言葉は避けましょう。
例えば、「まだ結婚してくれないの?」という結婚を急かすような言葉です。
これは、お母さんから「早く宿題をやってしまいなさい」と言われて、宿題をする気が失せてしまうような気持を抱かせてしまうことがあります。
また、「私と結婚してくれないんだったら別れる」という脅し文句もNGです。
さらに、「親から結婚を急かされている」ということを伝えるのもNGです。

プロポーズは素敵な花束を

プロポーズは素敵な花束を

【O45】プロポーズは素敵な花束を_小見出し1

 
プロポーズには、婚約指輪と共に送って欲しいものがあります。それが、素敵な花束です。男性からすると、「花束なんて枯れてしまうから」と思ってしまうこともあるかもしれませんが、女性は素敵な花束を大切な人からもらうと、嬉しい気持ちになるものです。したがって、プロポーズのときにこそ、素敵な花束を準備することによって、より彼女を喜ばせることができます。

プロポーズというのは、男性にとっても女性にとっても、人生の中でも特別な日のひとつになります。そこに素敵な花束を用意することによって、より2人の思い出を色鮮やかなものにすることができます。また、花屋さんの前を通るたびに、「そういえば結婚を申し込まれたときに、素敵な花束も一生懸命用意してくれていたなあ」と素敵な日を思い出すことができます。いつまでも素敵な日を思い出すということは、2人にとってもとても大切なことです。

 

 

特別な日だからこそ嬉しい花束

【O45】プロポーズは素敵な花束を_小見出し2

 
花束というのは、滅多なことでは人からもらうことなんてありません。だからこそ、特別な日にもらうことによって、もらった方は嬉しい気持ちになることができます。さらに、プロポーズのときには、婚約指輪だけでなく花束まで用意しておくことによって、より彼女をハッピーな気分にさせることができます。それは、高級感のあるジュエリーだけが嬉しいわけではなく、婚約指輪も花束も用意するほど、君のことを愛しているという彼の誠実な気持ちが伝わってくるからです。

男性からすると、花束を渡すなんてとても恥ずかしいという気持ちを抱いてしまうこともあるかもしれませんが、女性はその恥ずかしい気持ちもしっかりと汲み取ってくれます。「花屋さんでどんな顔して買ってきてくれたんだろう」と、彼に対して愛しい気持ちがさらに増えていきます。恥ずかしいという気持ちを超えて、彼女を喜ばせようと思って準備してくれた気持ちに、彼に愛されていると彼の気持ちを確信することもできます。

 

 

知っておきたい花言葉

【O45】プロポーズは素敵な花束を_小見出し3

 
プロポーズのときに渡す花束は、花言葉にもこだわるとより素敵なシチュエーションを演出することができます。花には1つ1つ花言葉といって、意味が込められています。したがって、彼女の好きな花を準備するのも良いですが、花言葉になぞらえて花束を準備するのもおすすめです。

プロポーズに贈るときの定番の花といえば、赤いバラです。赤いバラの花言葉は、「愛する」や「情熱」です。また、108本の花束にすると、「結婚してください」という花言葉になります。また、どの花もそうですが、色が変わると花言葉が変わります。同じバラでもピンクのバラである場合には、「温かい心」という花言葉になります。ピンクの花束は、99本の花束にすると「永遠の愛」という花言葉になります。さらに、白いバラには「純潔」や「清純」という花言葉があります。白いバラは999本の花束になると「どんなに生まれ変わってもあなたを愛します」という花言葉になります。

バラの他にもおすすめの花束として、ブルースターがあります。ブルースターには、「信じあう心」という意味の花言葉があります。夫婦にとって大切な気持ちです。ブルースターはその名の通り、青色の花なので、結婚式では花嫁さんはサムシングブルーを身に付けると縁起が良いとされているので、ブーケにする方も多いくらい、ブライダルに縁のある花です。

また、ひまわりもプロポーズにおすすめの花です。ひまわりには、「あなただけを見つめる」という花言葉があります。ひまわりが好きそうな元気なイメージのある女性には喜ばれるので、おすすめです。さらに、赤いアネモネの花もプロポーズにはぴったりです。その花言葉は「君を愛する」なので、彼女を愛する気持ちを伝えることができます。

 

 

バラには名前があるって知ってた?

【O45】プロポーズは素敵な花束を_小見出し4

 
バラには、数万種類の品種があるといわれています。現在でも、新しい品種の開発が行われているので、新しいバラがどんどんと増え続けています。そんなバラには、1つ1つ名前があります。同じ色で同じようにみえるバラの花でも、実は品種が違って名前が違うということも多々あります。ただ、どの花もバラなので、名前の最後に「~ローズ」と着く名前が多いです。

 

 

形に残るプリザーブドフラワー

【O45】プロポーズは素敵な花束を_小見出し5

 
生花をそのまま贈るのも良いですが、プリザーブドフラワーを贈るのもおすすめです。プリザーブドフラワーとは、生花を特殊な液につけて水分を抜いた花のことで、生花よりも枯れずに長持ちするので、ずっとインテリアとして飾っておくことのできる花のことです。女性としては、人生に一度きりであるプロポーズをされたときの花は、どうせなら飾っておきたいと思っている方も多いです。したがって、生花ではなくプリザーブドフラワーをプレゼントすることによって、より喜ばれることがあります。ただ、プリザーブドフラワーは、生花よりも高いので、そこだけは注意しておくようにしましょう。

想いを伝える婚約指輪

想いを伝える婚約指輪

【O44】想いを伝える婚約指輪_小見出し1

 
結婚を約束した2人が用意するものとして、婚約指輪があります。プロポーズのときに、婚約指輪を渡したいという男性もいらっしゃることでしょう。そもそも婚約指輪には、どのような意味があるのでしょうか。

もともと、指輪というのは、古代エジプトで生まれたとされています。結婚を意味する象形文字は、円で描かれていました。これは、「永遠に途切れぬもの」ということを意味しています。同じ円形である指輪にその想いを込めることによって、相手と永遠を誓い合うということが表現されたようです。また、古代ローマでは、結婚よりも婚約が重視されたため、婚約の式の際に、鉄の輪を贈りあったのが、婚約指輪の起源であるともいわれています。

さらに、婚約指輪にダイヤモンドがあしらわれるのにも意味が込められています。ダイヤモンドには、石言葉として「永遠」や「永久不変」といった「変わらないもの」という意味があります。1477年、マキシミリアン大使がブルゴーニュの公女であったマリーに結婚を申し込む際に、この石言葉を尊重して、ダイヤモンドを贈ったのが、ダイヤモンドの指輪を婚約の際に用いる起源となったといわれています。

 

 

プロポーズに婚約指輪は必要?

【O44】想いを伝える婚約指輪_小見出し2

 
プロポーズの定番のシチュエーションとして、婚約指輪を出して「結婚してください」というというものがあります。しかし、プロポーズをするときに、必ず婚約指輪を用意しておくものなのでしょうか。カップルによっては、プロポーズが成功してから、一緒に買いにいくという場合もあります。さらに、最近では婚約指輪そのものを準備しないというカップルもいます。婚約指輪にお金をかけない分、新居や家具など結婚に必要なものを買う方にお金を回すということです。

堅実的なカップルもでてきているところですが、やはり女性としては結婚の申し込みがあった時に婚約指輪が準備してあると、とても感動するということがあります。既婚者の中には実際に「婚約指輪を準備してくれていたことが一番嬉しかった」という女性の声もあります。高い指輪を買ってくれたということではなく、そこに彼のけじめや、高い指輪を買ってでも一緒になりたいという彼の思いを感じることができるからです。また、婚約指輪があることによって、いつまでもお互いに結婚しようと決意したときの思いを思い出すことができます。そういった意味でいうと、プロポーズのときに婚約指輪を準備しておく方が、彼女への誠実さを伝えることができますし、その指輪を見ることによって、いつまでもお互いの気持ちを大切にすることができます。

 

 

相場はどのくらい?

【O44】想いを伝える婚約指輪_小見出し3

 
では、その相場とは、一体どれくらいなのでしょうか。人によって、婚約指輪にかけることができる予算というのは異なるでしょう。一昔前までは給料の3ヶ月分というのが定番でしたが、今ではそんなに高い費用を婚約指輪にかけるという方は珍しい方になっています。デザイン性を重視する方も増えているので、デザイン性が高ければ、安いものでも構わないという方も増えています。

婚約指輪にかける費用の全国平均としては、33万円です。したがって、婚約指輪の予算として、多めに見て50万円前後を準備することができていれば、十分に良い婚約指輪を準備することができるでしょう。しかし、自分はゴージャスなものを準備したいと思っている場合には、もっと予算をかけても構いませんが、あまりにきらびやかすぎると普段使いをすることができないので、彼女に引かれてしまうこともあります。

 

 

彼女に合ったデザイン選び

【O44】想いを伝える婚約指輪_小見出し4

 
準備する婚約指輪で一番大切なことは、彼女の雰囲気に合ったデザインのものを選ぶということです。人によって、手が大きいとか小さいとか女性でも手の雰囲気は様々です。一般的に、手の指が太めである方には、指輪のアームに動きのあるデザインが似合うといわれています。それとは反対に、手の指が細めである方は、ボリュームのあるデザインが似合うといわれています。ただし、あまりにもボリュームがありすぎると、逆に指が華奢にみえてしまうので、手を綺麗に見せる程度のボリュームが良いです。

また、指だけではなく手の大きさも重要です。手が大きい方には、ボリュームのある指輪が良いとされており、手が小さい方には、アームのアレンジが効いたデザインの指輪が良いとされています。したがって、彼女の手の指の細さはどれくらいか、手の大きさはどれくらいかということに合わせて、彼女の雰囲気に合ったデザインのものを選ぶと良いです。

 

 

おすすめジュエリーショップ

【O44】想いを伝える婚約指輪_小見出し5

 
婚約指輪を買うのにおすすめのジュエリーショップといえば、ティファニーです。指輪の定番のジュエリーショップです。最近では、シルバーアクセサリーのジュエリーショップとして人気のある4℃もおすすめです。また、ギンザタナカやカルティエ、ハリーウィンストンも根強い人気なのでおすすめです。人気のあるジュエリーショップというのはやはり、ブライダルに相応しい指輪が取り揃えられています。

シチュエーションで成功率が上がる!?

シチュエーションで成功率が上がる!?

【O43】シチュエーションで成功率が上がる!?_小見出し1

 
プロポーズをするにあたって、大切なことと言えば言葉だけでなくシチュエーションもあります。プロポーズの成功率を上げるためには、シチュエーションにも気を配ることが大切です。シチュエーションを完璧にしたからといって、成功率が確実に上がるわけではありませんが、シチュエーションによって失敗してしまうこともあります。

どういうことかというと、女性というのは記念日などを大切にする傾向にあります。もちろん、プロポーズというのも、大切にしたい記念日のひとつです。したがって、そんな大切なプロポーズを大切にしていないように感じてしまうシチュエーションになってしまうと、女性は自分も大切にされていないように感じてしまい、失敗してしまうということがあります。

例えば、子供が走り回るようなショッピングセンターや、電車の行き来が多い場所でのプロポーズは、失敗してしまうことが多々あります。「え?なに?」と言葉をもう一度聞き返さないといけないようなシチュエーションでのプロポーズはNGです。

 

 

最高のロケーションは?

【O43】シチュエーションで成功率が上がる!?_小見出し2

 
では、どんなロケーションで行うのが最高なのでしょうか。最高のロケーションとはなんといっても、「2人にとって特別な場所」です。中でも、「景色の綺麗な場所」というのは、女性を特別な気分にさせてくれます。女性にとって、「なんだか今日は特別だな」と思えることこそが、最高のロケーションであるのです。

景色の綺麗な場所といえば、夜景のみえる場所や綺麗な浜辺、夕暮れの見える丘など様々あります。星空の綺麗な場所というのも、織姫と彦星が連想されて、ロマンチックな気分になるので、最高のロケーションといえるでしょう。また、少し高めのレストランやホテルなども、普段は訪れない場所となるので、特別感のある最高のロケーションとなるでしょう。また、2人が出会った学校など、思い出の場所に行くというのも、最高のロケーションのひとつになります。

 

 

思い出の場所で伝えたい

【O43】シチュエーションで成功率が上がる!?_小見出し3

 
「結婚したい」という思いをロマンチックに伝えるために、彼女との思い出の場所で伝えたいという場合もあるでしょう。そういった場合、どこが彼女にとって思い出の場所であるのか、しっかりと吟味することが大切です。なぜなら、彼氏にとってはとても思い出に残っている場所であったとしても、彼女にとってはそうでなかったという場合、「なんでこの場所を選んだの?」と思われてしまうこともあるからです。

また、思い出の場所で伝える場合、なぜこの場所を選んだのかということを言葉にすると、さらに感動してもらうことができます。例えば、2人が出会った場所でプロポーズする場合、「君と出会った場所で伝えたかった」ということを伝えると、感動的になります。

さらに、「なんでこの場所を選んだの?」と思われるような思い出の場所を選んだとしても、どうしてその場所を選んだのかという理由を話すことによって、逆転の最高のプロポーズにすることができます。例えば、2人が喧嘩して最悪の思い出が残ってしまった思い出の場所を訪れてするプロポーズです。「最悪の思い出の場所を最高の思い出の場所に変えたかった。もう二度と君にあんな涙を流させない」なんていう理由を伝えると、最高の思い出の場所に変えることができるでしょう。

 

 

驚きのサプライズをしたい

O43】シチュエーションで成功率が上がる!?_小見出し4

 
特別なプロポーズにしたいということから、驚きのサプライズにしたいということもあるでしょう。そういった場合、ひとつだけ注意すべきことがあります。それは、「やりすぎない」ということです。女性の中には、サプライズの演出をやられすぎると、引いてしまうということがあります。フラッシュモブやみんなの前でのプロポーズなどがその典型例です。大勢に協力されたプロポーズは、どうしても嫌という女性もいます。また、あくまでもサプライズなので、思った通りに彼女が動いてくれずに失敗してしまうということもあります。

 

 

自宅でさりげなく伝えたい

【O43】シチュエーションで成功率が上がる!?_小見出し5

 
女性は「特別感のあるシチュエーションを大切にする」ということを前述しましたが、自宅でのさりげないプロポーズはどうなのでしょうか。女性が選ぶプロポーズをされた場所のランキングの中で、「自宅」というのは上位にランクインしています。「特別感が必要なのに、なぜ自宅?」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、自宅というのは「2人きりになれる特別な空間」です。相手の息遣いや表情など、間近に感じることができます。また、リラックスした空間でもあるので、自分が思っていることを言いやすい空間でもあります。そのため、何気ない2人きりの日常の中で言われるプロポーズというのも、女性にとっては最高のロケーションとなるわけです。

さらに、記念日などを自宅でお祝いしているときにプロポーズをするというのも良いシチュエーションです。記念日を大事にしている彼女であれば、いつもより特別な食べ物やインテリアを準備すると、喜んでくれるはずです。

感動!彼女が喜ぶプロポーズの言葉

感動!彼女が喜ぶプロポーズの言葉

【O42】感動!彼女が喜ぶプロポーズの言葉_小見出し1

 

 

どんなプロポーズの言葉を選べば、彼女は感動して喜んでくれるのでしょうか。世界にひとつだけのプロポーズにしようとして、分かりづらい言葉を考えていないでしょうか。彼女が喜ぶプロポーズの言葉を贈りたい場合には、分かりやすくてシンプルなものである方がおすすめです。なぜなら女性というのは、その言葉に詰まった思いに嬉しさを噛みしめるものだからです。

定番の彼女が喜ぶプロポーズの言葉といえば「結婚してください。」という大変シンプルなものです。シンプルであるからこそ、分かりやすくプロポーズの言葉として伝えることができます。余計な文章はいりません。彼女は「結婚してください」という言葉だけではなく、彼氏の表情や仕草やそのすべてから、彼氏の思いを受け取ることができます。

「結婚してください。」の他にも、「家族になろうよ。」というものも、彼女が喜ぶプロポーズの言葉としてあげられます。家族になるということは、同じ家に住み、日々の生活を共にし、一緒に家庭をつくっていくことを意味します。家庭をつくっていくということは、夫婦だけの特権です。この言葉も結婚するということが分かりやすく伝わるので、彼女が喜ぶプロポーズの言葉の定番です。

 

 

まずは彼女との思い出を振り返ろう

【O42】感動!彼女が喜ぶプロポーズの言葉_小見出し2

 
プロポーズの言葉を考えるときには、ただ文章を考えるだけでなく、彼女との思い出を振り返ることも大切です。彼女との1つ1つの大切な思い出を振り返ることによって、どんな思いを彼女に伝えたいのかということを定めることができます。

2人でどんなところにデートへ行ったのか、どんな馴れ初めで付き合うことになったのか、どんなことで喧嘩したのか、どんなことで笑いあったのか。1つずつの思い出に思いを馳せてみると、どんなプロポーズだったら彼女は喜んでくれるのか、思いを募らせることができます。また、2人の思い出を振り返ることによって、プロポーズをどんな場所で行うかということも、考えることができます。彼女にとって何が喜ぶ要素なのか、それは2人の思い出を振り返ることによって、導き出すことができます。

 

 

心打たれる感動の言葉

【O42】感動!彼女が喜ぶプロポーズの言葉_小見出し3

 
では、どんな言葉であれば心打たれる感動を贈ることができるのでしょうか。彼女のことを大切に想って一生懸命に考えてくれたものであれば、どんなものでも心打たれるものです。その中でも、「おじいちゃん、おばあちゃんになっても手をつないでいられる夫婦になろう」というものは、彼女が感動する言葉のひとつです。いつまでも仲の良い夫婦でいたいというのは、誰もが思う理想の家庭です。したがって、それを連想させるような言葉をプロポーズのときに贈ると感動的な印象になります。

また、「君のこと、君の両親のことも大切にします。結婚してください。」というものも、心打たれる感動の言葉のひとつです。自分だけでなく、自分の大切な両親のことも大切に想ってくれている気持ちに、彼女は心打たれます。家族仲が良い彼女や、日頃から両親に感謝の思いを持っている彼女だったら、心打たれる感動のプロポーズとなることでしょう。

 

 

ちょっと笑えるけど嬉しい言葉

【O42】感動!彼女が喜ぶプロポーズの言葉_小見出し4

 
「俺のために、毎朝味噌汁をつくってくれ」や「俺のパンツを毎日洗ってくれ」というものは、ちょっと笑えるけど嬉しい言葉です。毎日味噌汁作ることも、毎日パンツを洗うことも、一緒に暮らして夫婦になるからこそするものなので、嬉しい気持ちもある反面、あまりにも所帯じみたものでもあるため、クスッと笑ってしまいます。

「俺と同じ墓に入ってくれ」というのも、ちょっと笑えるけど嬉しい言葉のひとつになるでしょう。死んだあともずっと一緒にいたいと思ってくれている彼の気持ちが嬉しい反面、「プロポーズのときなのに、お墓の話?」というギャップにちょっと笑ってしまいます。ただし、ちょっと笑えるプロポーズの言葉というのは、彼女に性格によっては「真面目な話するときにふざけないでよ」と嫌われてしまうこともあるので、彼女のことをよく分かった上で行うことが大切です。

 

 

タイミングはいつが良い?

【O42】感動!彼女が喜ぶプロポーズの言葉_小見出し5

 
彼女が喜ぶプロポーズにするためには、タイミングも重要です。王道のタイミングとしては、「彼女の誕生日」と「付き合い始めた記念日」というものがあります。どちらも、彼女にとってはとても重要な日です。彼女のことを大切にしているんだよ、ということが伝わる日でもあるので、プロポーズをするには最も適したタイミングであるといえます。

また、ロマンチックな日としては「クリスマス」というのもありますが、「定番すぎてそれは…」と思う場合には、「七夕」がおすすめです。七夕は織姫と彦星が1年に1度だけ会えるというロマンチックな日でもあります。織姫と彦星がいつまでもお互いを思いやっているというのも、夫婦にとって見習うべき大切なことのひとつでしょう。夜空に広がる天の川を見上げながらのプロポーズは、とても良いタイミングといえます。