意外と迷う小物ジュエリー

結婚式で必要な小物とは?

【O16】意外と迷う小物ジュエリー_小見出し1

 

ベール

ウェディングドレスのイメージを左右する重要なアイテムの一つです。
選び方次第でウェディングドレスの魅力をより引き出してくれるため、慎重に選びたいですね。
結婚式場の提携業者や小物会社でレンタルすることも出来ますが、購入する場合の相場は1.2万円程度とされています。

 

ヘッドドレス

ティアラやクラウンなど髪に使用するアクセサリーは髪型やドレスのボリュームとのバランスを見ながら選ぶのがポイントです。
ヘッドドレスを購入する場合の相場は0.8~1.5万円程度で、ウェディングドレスをレンタルする場合はヘッドドレスも含まれている場合があるので事前に確認しておきましょう。

 

パニエ

ドレスの下に着用しスカートにボリュームを出すことでドレスのラインを美しくする下着ですが、ドレスのデザインやラインに合わせて揃える必要がある小物です。
パニエはドレスに無料で付属のものがほとんどですが、レンタルする場合の相場は1~1.5万円程度とされています。

 

アクセサリー

ネックレスとイヤリングのことはドレスに合わせて用意されていることがほとんどですが、ドレスに合わせてご自身で用意することも可能です。
アクセサリーをご自身で用意される場合は、なるべくドレスと同じ首元・胸元になれる洋服を着用の上試着する様にするのがポイントです。
レンタルする際の相場は、1.2万円程度とされています。

 

グローブ

ウェディングドレスの全体イメージを決める上で重要な役割を果たすグローブは様々な種類があり、素材やグローブの長さによって値段も異なります。
グローブは指が見えないタイプのものが正式なものとされていますが、近年では指が見えるフィンガーレスタイプのグローブも人気だそうです。
グローブはレンタルすることも可能ですが、それぞれサイズが異なるため購入するケースが多いようです。
グローブを購入する場合の相場は、0.5~1.2万円程度とされています。

 

ブライダルインナー

ウェディングドレスをより美しく着用するための、ドレス専用の下着は、海外ではインナーを着用せずに直接ドレスを着る場合もあるそうですが、
ブライダルインナーを着用した上でドレスを着用する事でより綺麗なシルエットでドレスを着ることが出来るのでオススメです。
ブライダルインナーは直接着用するため、購入するの場合がほとんどで、相場は2万円程度とされています。

 

シューズ

ウェディングドレスまたはカラードレスを着用する際、ドレスに合った靴を身に付けることになりますよね。
ドレスの丈によってヒールの高さも異なるため、ドレスを決めた後に最適なヒールの高さを確認してから選ぶようにしましょう。
ほとんどのドレスの場合は足元が見えないため、色や形に決まりはありませんが、歩きやすいものを選ぶのがポイントです。
シューズをレンタルする場合の相場は、0.5万円程度とされています。

 

 

節約ポイント

【O16】意外と迷う小物ジュエリー_小見出し2

 

小物がセットになったドレスレンタルプラン

ドレスのレンタルに小物が含まれているものを選べば、小物代金は無料になることがあります。

インターネット

事前に実店舗で試着した上でないとインナーは厳しいかもしれませんが、その他の小物はインターネット販売店で購入すると安価で手に入りやすいです。

 

オークションやフリマアプリ

結婚式で一度使ったきりの物で美品の小物が結構出品されています。
個人での販売になりますので市場価格よりかなり安く手に入りますよ。

卸問屋

ドレスショップやジュエリーショップが買い付けに行くような卸問屋さんは、一般客にも販売をしているところが沢山あるそうです。

友人

欧米では、サムシング・フォー (Something Four)という習慣があるそうで、花嫁が以下4つを身につけると幸せになれるというものだそうです。

  • 何か1つ新しい物(Something New)
  • 何か1つ古い物(Something Old)
  • 何か1つ青い物(Something Blue)
  • 何か1つ借りた物(Something Borrowed)

特に4つめのSomething Borrowedは友人や隣人との縁を意味するもので、
幸せな結婚生活を送っている友人等から持ち物を借りることにより、その幸せにあやかるということだそうです。

 

手作り

ネックレスやイヤリング等のアクセサリーは、手作りするとかなり格安になります。
ちょっと時間はかかりますが、思い出にもなるのでオススメです。

 

プレゼントしてもらう

結婚祝いとして何がよいか希望を聞かれた時、何も新生活に直結するものでなくても良いと思います。
結婚式に必要なグローブや花嫁ハンカチ、ティアラなどのアクセサリーは、お値段的にもギフトにぴったりなアイテムなので、
友人や身内からの大切なプレゼントを身に付けて、ウェディングに臨むのも良いですね。

 
いかがでしたか?
必要な小物が多くて、予算的に厳しいという方も、ネットで安価に手に入れることが出来たり、手作りするという方法もあるのです。
思い出に残るような素敵な小物選びをしてみて下さいね。

おしゃれで可愛いヘッドアクセサリー

おしゃれで可愛いヘッドアクセサリー

【O15】おしゃれで可愛いヘッドアクセサリー_小見出し1

 
今話題になっているヘッドアクセサリー。結婚式でも、ヘッドアクセサリーをする花嫁さんが増えています。ひと口にヘッドアクセサリーといってもさまざまで、造花をあしらったものやチュールで作ったアクセサリーなどいろんなヘッドアクセサリーがあります。可愛くヘアアレンジをするのも良いですが、少しプラスしてアクセサリーを使ってみてはいかがでしょうか。

結婚式でも使えるおすすめのヘッドアクセサリーは、リボンカチューシャ・ティアラ・ボンネ・ラリエットなどです。リボンカチューシャは、その名のとおりリボンをあしらったカチューシャで、花嫁さんのマストアイテムともいえます。どんなドレスにも合わせやすいですから、結婚式にぴったり。ティアラは、ジュエリーを使ったゴージャスなものからパールやビーズを使った可愛いものまでいろんなタイプがあります。より華やかに美しく魅せたい方はジュエリーを使ったティアラを、可愛く魅せたい方はパールやビーズのティアラがおすすめです。ボンネは、『縁のない小さな帽子』のことをいいます。楕円形で布製が基本ですが、ビーズやジュエリーをあしらったゴージャスなものも増えてきています。結婚式では特に華やかなボンネが人気。

おしゃれで可愛いヘッドアクセサリーで、最高の花嫁を演出しましょう。

 

 

ヘッドアクセサリーって?

【O15】おしゃれで可愛いヘッドアクセサリー_小見出し2

 
頭に飾るアクセサリーのことを『ヘッドアクセサリー』といいます。ウエディングドレスに合わせる方も多く、ゴージャスなものからキュートなものまで、幅広い種類があるのが特徴です。なかには、自分で手づくりする方もいます。結婚式でドレスと合わせる場合、やはり一番注意したいのがドレスとヘッドアクセサリーのバランスです。どんなにおしゃれで可愛いヘッドアクセサリーでも、ドレスとミスマッチでは意味がありません。ほとんどはドレスに合わせやすいように作られていますが、ドレスにもさまざまな種類がありますから、やはりドレスとのバランスを考えるのが一番です。もちろん、ドレスだけでなく、ヘアスタイルに合わせるのもポイント。いろんなアクセサリーがあるからこそ、それに見合うヘアスタイルがあります。

たとえば、リボンカチューシャはどんなドレス・ヘアスタイルにも合うといわれています。実際に装着してみて、自分に合ったヘッドアクセサリーを選びましょう。

 

 

ドレスに合わせるヘッドアクセサリー

【O15】おしゃれで可愛いヘッドアクセサリー_小見出し3

 
ドレスに合わせて選ぶ場合、まずドレスの種類を知っておきましょう。ドレスには、Aライン・プリンセスライン・マーメイドライン・エンパイアライン・スレンダーラインの大きく5種類あります。同じウエディングドレスでも、タイプによって印象が大きく変わりますから、やはりヘッドアクセサリーもそれに合わせて選んだほうがよりぴったりのものを見つけることができます。一般的に、パールはどんなドレスにも合うといわれています。あくまで主役はドレスですから、ドレスより目立ってしまうとバランスが悪くなってしまいます。スワロフスキーやストーンのヘッドアクセサリーでも、シンプルなデザインであればドレスに合わせやすいでしょう。ドレスがゴージャスなら控えめなヘッドアクセサリーがおすすめです。

 

 

ヘアスタイルに合わせるヘッドアクセサリー

【O15】おしゃれで可愛いヘッドアクセサリー_小見出し4

 
ひと口にヘアスタイルといってもさまざまです。ですから、それぞれのヘアスタイルに合ったヘッドアクセサリーを選ぶのもポイント。ショートヘアはアクセサリーが合わせにくいなんて思っていませんか?決してそんなことはありません。ショートヘアに合う可愛いアクセサリーはたくさんあります。おすすめは、王冠やティアラ、コサージュなど。シンプルで可愛いデザインのものが有効です。あまり大きすぎるデザインはバランスが悪くなってしまうので気をつけてください。

ロングヘアなら、比較的どんなアクセサリーも合わせやすいでしょう。ヘアスタイルだけで華やかにできますから、アクセサリーはシンプルでもOK。アップにしてショートヘアと同じアクセサリーをつけるのも魅力的でしょう。

 

 

おシャレで個性的なヘッドアクセサリー

【O15】おしゃれで可愛いヘッドアクセサリー_小見出し5

 
皆と違う雰囲気にしたいという方は、個性的なデザインがおすすめです。頭全体を覆うようなヘッドドレスは、インパクトもありモードな雰囲気にしてくれます。まさに個性の塊。和装なら、生け花を使うのも良いでしょう。花の香りに包まれ、気分もアップするかもしれません。

なかなか理想のヘッドアクセサリーが見つからないという方は、手づくりもおすすめです。思っているよりも、意外と簡単に作ることができます。たとえば王冠なら、ワイヤーで丸く形を作り好きな花を巻きつけていくだけで良いので、とても簡単です。パール×好きな造花でキュートなアクセサリーを作ることもできます。手づくりならオリジナリティもありますから、個性的なデザインにしたいならぜひトライしてみてください。

男性も主役!新郎の為のタキシード

男性も主役!新郎の為のタキシード

【O14】男性も主役!新郎の為のタキシード_小見出し1

 
結婚式は男性だって主役です。つい花嫁ばかりに気を取られがちですが、新郎にも衣装を選ぶコツがあります。結婚式を大成功させるためにも、自分に合った最高の衣装を選びましょう。

まず、新郎が結婚式で着用する衣装は『タキシード』になります。昔から定番衣装として着られており、ひと口にタキシードといってもいろんな種類があります。ですから、自分の身長や体型などに合わせて、しっかり試着し決めるのが大切です。花嫁同様、デザインや色だけで選んでしまうと失敗してしまうので注意しましょう。それを踏まえて、どんなことに気をつけながらタキシードを選べば良いのでしょうか。

 

 

タキシードって?

【O14】男性も主役!新郎の為のタキシード_小見出し2

 
タキシードとは、男性用の礼服のひとつです。結婚式ではブラックの他にホワイトやシルバーなどのタキシードを着用することも可能で、華やかなシーンの定番衣装といえるでしょう。結婚式以外にもさまざまなシーンで着ることができ、昼夜問いません。時代によって流行りの丈の長さは異なりますが、体型問わず着こなせるので安心して着用できる男性の衣装といえるでしょう。

実はこのタキシードには、地域によって襟のデザインが異なるといわれています。一般的に『ショール・カラー』と『ピークド・ラペル』の2種類のデザインがあり、どちらの襟でも構いませんが、地域で決まっているのであればそれに合わせたほうが良いでしょう。ちなみに、アメリカではショール・カラーの襟がもっとも多く着られており、イギリス・ヨーロッパでは燕尾服に準じたウェアとして着られていました。

 

 

自分に合ったデザインは?

【O14】男性も主役!新郎の為のタキシード_小見出し3

 
ひと口にタキシードといっても色やブランド、デザインなどさまざまです。また自身の体型によって合う・合わないがありますから、見た目だけで選んでしまうのは非常に危険。

まず、色は定番のブラックをはじめシルバーやグレー、ホワイトなどがあります。細身で長身であれば比較的どんなデザインのものでも合いますが、ぽっちゃりの方はシルバーやホワイトといった色は体型を膨張させてしまう恐れがあります。スラッと見せるなら、やはり定番のブラックが一番でしょう。またタキシードの長さにも注目したいところ。近年丈の長いデザインが流行っていますが、やはり背が低い方やぽっちゃりの方は丈が長いとスタイルが悪く見えてしまいます。

選ぶときのポイントは、結婚式のコンセプトに合わせる、新婦のドレスに合わせる、式が昼夜どちらに行われるかで決める、などが挙げられます。花嫁同様、男性もしっかり試着して自分に合ったタキシードを選ぶようにしましょう。

 

 

色に迷ったら?

【O14】男性も主役!新郎の為のタキシード_小見出し4

 
いろんな色がありますから、どれを選んだら良いか分からないという方もいるでしょう。また結婚式で着用するのが前提ですから、結婚式に不釣り合いな色はNGです。一般的に、ホワイト、シルバー、グレー系、そしてブラックが基本の色になります。ゴールドやブルーもありますが、少し着用が難しいかもしれません。ゴールド系は光沢感があり、非常にエレガント。ブルー系は派手にならず鮮やかで清潔感があります。しかし個性があるため、新婦が普通のウエディングドレスの場合、浮いてしまいます。ネイビーであれば、ブラックに近いので違和感はないでしょう。

色に迷ったら、断然ブラックがおすすめです。ブラックは定番の色ですし、誰にでも合うように作られていますから、体型も気にせず着ることができます。

 

 

ネクタイと蝶ネクタイの違いは?

【O14】男性も主役!新郎の為のタキシード_小見出し5

 
タキシードには、ネクタイまたは蝶ネクタイを着用します。近年は蝶ネクタイを着用される方が増えているといいますが、そもそもネクタイと蝶ネクタイにはどんな違いがあるのでしょうか?

ひと口にネクタイといっても種類はさまざまです。そのなかのひとつが蝶ネクタイになります。ネクタイはスーツに付けるのが基本ですが、もちろんタキシードでも使用できます。首元でキュッと結んでおり、スーツを際立たせてくれます。蝶ネクタイは、その名のとおり蝶結びにしたネクタイのことをいいます。ネクタイですと少し堅苦しい印象がありますが、蝶ネクタイになるとスーツの印象もガラリと変わります。それでいてエレガントさもあるので、結婚式にはピッタリでしょう。

とはいえ、本来蝶ネクタイは夜のタキシードと燕尾服のアイテムとして使われていました。よって、午前中に行われる結婚式で使われることはありません。近年蝶ネクタイを着用する新郎が増えているといいましたが、あくまで夕~夜に行われる結婚式のときですのでお間違えのないようにしてください。夜以外の時間帯に式を挙げる場合は、必ず普通のネクタイを着用しましょう。蝶ネクタイを着用する場合、ブラック以外にグレーやホワイトシルバーなどが人気です。新婦のドレスに合わせて、かつおしゃれなものを選びましょう。ネクタイを選ぶ場合も、衣装に合わせるのが基本です。

あなたに合ったウエディングドレス選び

 

1.あなたに合ったウエディングドレス選び

結婚式のドレスは、女性にとって憧れです。だからこそ、自分に合ったウエディングドレスを選びたいもの。ウエディングドレスは、デザインや色だけで選ぶのではなく、自分の年齢はもちろんのこと体型や挙式スタイル、式場の雰囲気など全体を見て考えます。

また、ウエディングドレスには5種類ものシルエットが存在します。シルエットによって当然雰囲気は違ってきますから、ここもしっかりチェックしましょう。ちなみに、シルエットはAライン・マーメイドライン・エンパイアライン・プリンセスライン・スレンダーラインになります。Aラインは聞いたことがある方も多いでしょう。ウエストの位置が高く、アルファベットのAのような形に見えるのが特徴です。品があり、ファッションでも人気です。プリンセスラインは、ウエストにあるラインの切り替えが特徴です。膨らんでいるデザインで、Theウエディングドレスといえます。マーメイドラインは、人魚のようなラインが印象的です。メリハリがあって、女性ならではの曲線美が演出できます。エンパイアラインの特徴は、胸下からの切り替えです。身長の低い花嫁さんは、足を長く見せる効果があります。スレンダーラインは、細身のデザインになっているので、スタイリッシュで身体のラインが強調されます。どちらかというと長身の方にピッタリなドレスといえます。

 

2.結婚式の雰囲気から選ぶ

ウエディングドレスの種類を知ったら、ドレス選びに入りましょう。ウエディングドレスの選び方といってもいくつかあり、まずひとつ目が『結婚式の雰囲気』で選ぶ方法です。どんなに素敵でも、会場の雰囲気に合っていないものではドレスが台無しになってしまいます。たとえばトレーンのドレスは赤絨毯のバージンロードがとても良く映えます。しかしガーデンで長いドレスを引きずって歩くのは非常にかっこ悪く、会場にミスマッチ。個性派チャペルに正統派のドレスが似合わないといわれていますが、ウエディングドレスにも雰囲気に合うもの合わないものがありますから、選ぶときはドレスのデザインや色だけでなく、会場の雰囲気もしっかりチェックしておきましょう。会場と相性の良いドレスなら、美しいドレスをより引き立ててくれます。

 

3.自分好みのデザインで探そう!

もちろん、選び方は他にもあります。自分好みのデザインで選ぶ場合です。会場の雰囲気に合わせるのも大切ですが、そればかり重視して自分が好みではないデザインのドレスを選ぶのは勿体ないでしょう。ウエディングドレスは一生に一度といわれているからこそ、自分好みのデザインで探すことも大切です。

ただ自分好みのウエディングドレスにする場合、好き勝手に作ってもらうのはNGです。やはり会場の雰囲気やバランスは大切ですから、それも踏まえて考えましょう。また価格にも注意しなければいけません。自分好みのデザインにする場合、セミオーダーとフルオーダーに大きく分けられます。フルオーダーはすべて自分で考えるわけですから、価格も高くなりやすいですし、時間もかかってきます。準備までの手間がかかりますので、固定デザインから自分好みに変えてもらうセミオーダーがおすすめです。

 

4.体型別に合うドレスは?

体型も、ドレス選びに重要です。背が低い人、ぽっちゃりしている人など、体型はさまざま。体型に合わないドレスを選んでしまうと、着心地が悪いだけでなくせっかくの魅力も半減してしまうかもしれません。

背が高くスリムな人なら、基本的にどんなドレスでも着こなすことができます。だからといってシンプルすぎると貧弱な印象になってしまいますから、上半身にボリュームをつけると良いでしょう。逆に背が高くてぽっちゃりな人は、細すぎずボリュームを抑えたものがベスト。肩はスッキリ、下はゆったりしたラインがおすすめです。背が低くてスリムな人は、縦ラインが強調されたものが適しています。Aラインなんかベストでしょう。ぽっちゃりな人は、上半身をシンプルにし、ウエスト周りをすっきりさせてあげると魅力がアップします。ギャザーを入れすぎると下半身が太って見えやすいので気をつけてください。

 

5.ブランドから選ぶ

ウエディングドレスはいろんな選び方がありますが、ブランドで選ぶ場合、やはり人気のブランドを選びたいところ。ただひと口にブランドといってもさまざまですから、好きなブランドだけで選んでしまうと高額で失敗してしまう可能性があります。ですから、お手頃なブランドがおすすめ。

また、実際試着してみることが大切です。好みのブランドやデザインだけで選んでしまうと、いざ着用したときに不格好になってしまいます。掲載している写真と実際着用したものはバランスが違いますから、気をつけましょう。ブランドばかりにこだわらず、いろんなドレスを試着して自分にぴったり合ったデザインを選んでください。