知っていなきゃ恥ずかしい結婚式マナー

結婚式や披露宴で守りたいマナー。
結婚式には、招待からご祝儀、ファッションまで幅広いマナーがあります。
それぞれのマナーを知って、迷惑のないように参加しましょう。

友人や親戚など、結婚式に参列する方も少なくないでしょう。
何度か参列した経験があればある程度のマナーは分かりますが、
はじめて参列する場合、『招待状の返信』や『服装』など、分からないことがたくさんあります。
また、なかには意外と知られていないマナーもありますので、結婚式の招待状が届いたら、事前にマナーについてしっかり調べておきましょう。

 

招待状マナー


結婚式は、招待状が届かなければ参列できません。
しかし、届いたからといって必ずしも出席しなければいけないというわけではありません。
忙しくて出席できない方もいますし、なかには気分が乗らない方もいるでしょう。
しかしどちらの理由であれ、招待状が届けば早めに返信するのがマナーになります。
新郎新婦はなるべく早めに出席・欠席を知りたいと思っていますから、返信が遅れてしまうと迷惑をかけます。
もちろん、親しい友達でも口頭だけはNG、きちんと返信し出席の有無を伝えましょう。
また、あまり親しくないからという理由で欠席するのも失礼になります。
せっかく届いた招待状、余程のことがない限り出席するようにしてください。

それでも出席が難しい場合は、1回電話をすると良いでしょう。
直接気持ちが伝わりますから安心です。
病気や弔事で出席できない場合、特にきちんと電話で伝えなければいけません。
間違っても返信のときにそのような理由を書くのは避けてください。

ちなみに、返信のときは文字を『寿』で消すとワンランク上のマナーになります。
もちろん二重線で消すのでもOKです。

 

ご祝儀マナー


結婚式に参列する場合、用意しなければいけないのが『ご祝儀』です。
ご祝儀は、ご祝儀袋にも選び方があります。
まず、水引きは『結び切り』を選びましょう。
結び切りとは、『一度結んだらほどけない』という意味があります。
縁起が良いので、結婚式などめでたい場所では必ず結び切りのご祝儀を選びましょう。
次にご祝儀袋の種類ですが、金額に見合ったものを選ぶようにしてください。
目安は、入れる金額の1/100程度。
見た目を豪華いしたいからといって、金額に見合っていないご祝儀袋に包むのはマナー違反になります。
そして、包むお金は必ず新札を用意しましょう。
新札が手元にない場合は用意できなかった場合は、『アイロンで伸ばす』『会場のフロントで新札に変えてもらう』などの方法が可能です。

ご祝儀袋を選んだら、表に名前を書いていきます。
このとき注意したいのが使用するペンです。
筆記具は基本的に毛筆や筆ペンを使いますから、間違ってもボールペンは使わないようにしましょう。
また、読みやすいように楷書体ではっきりと書くようにしましょう。

さて、金額についてです。包む金額にも、マナーがあるのは知っていますか?
一般的に、割り切れない数字が良いといわれています。要するに『奇数』です。
奇数にすることで、2人の仲が分かれないという意味になります。
千円札や五千円札を混ぜる場合でも、奇数になるようにしましょう。
欠席をする場合、出席した場合の金額の半分が目安になります。1/3を目安にした金額でもOKです。

 

ファッションマナー


ファッションのマナーは、女性と男性では異なります。
女性の場合、肌の露出が高く奇抜すぎるファッションは基本的にNGとされています。
新婦より目立つファッションは不適切ですので、着用するドレスには十分注意しなければいけません。
また逆に、カジュアルすぎるファッションも避けましょう。
年齢に相応しい女性らしさと品があるファッションが好ましいでしょう。
たとえば、30代女性であれば大人の女性らしさにエレガントを。
スカートも膝丈のものを選ぶようにしましょう。

男性はスーツが基本です。
色は黒とされていますが、グレーやネイビーなどの落ち着いた色であれば可能です。
派手でなければ、ストライプでもOK。
フォーマルな場所ですから、スリーピース(ジャケット・ベスト・スラックス)を選ぶ方が多いようです。

 

テーブルマナー


洋食・和食・中華など、料理によってテーブルマナーは違います。
洋食の場合、メインとなるのはコース料理です。
フォークとナイフは外側から順に使うようにしましょう。
間違えてもサービス係が持ってきてくれます。
和食は、お箸の中央あたりを右手で持ち、左手でお箸の先を下から支えるように添えます。
右手を滑らせ右方向へと動かしたら、親指・人差し指のつけ根あたりにお箸が収まるように持ち替えましょう。
中華といえばれんげですが、れんげにも正しい持ち方があります。
スプーンのように持つのではなく、人差し指を溝の中に入れて、柄を親指・中指ではさむようにして持ちます。

ひとつひとつマナーに沿って使うのは難しいですが、余程汚い食べ方をしない限りあまり深く考える必要はありません。
でも、覚えておくといろんなシーンで役に立つでしょう。

結婚式挨拶・スピーチに困ったら

結婚式のスピーチを友人や親せきにお願いされた方は少なくないでしょう。
なかでも友人代表は盛り上げ役としてとても重要になります。
そのため、快くスピーチを受ける人は決して多くありません。
もちろん、盛り上げ役といっても、ワイワイ騒ぐわけではありません。
新郎新婦の友人ならではのエピソードで盛り上げるのが基本。
どんなスピーチをするかによってそのあとの雰囲気も変わってきますから、引き受けたからにはとことんやり切りましょう。

とはいえ、そう簡単にいかないのもスピーチです。
『盛り上げなければ』と気張りすぎると失敗してしまいます。
皆が盛り上がるだろうと暴露話をしたら引かれてしまった…
そんなことのないように、結婚式挨拶は事前にチェックし、スピーチに困ったときの対処法も知っておきましょう。

 

新郎挨例文紹介


結婚式では、新郎新婦も挨拶します。
人生の晴れ舞台、成功させるためにいろんな新郎挨拶をチェックしてみましょう。
まず、挨拶にはフォーマルとカジュアル、二つのバージョンがあります。
フォーマルバージョンでは、『きちんとした言葉』を使うのがポイントです。
『本日はお忙しい中』からはじまり、結婚式に集まってくれたゲストへ感謝の気持ちを述べます。
そして、両親への感謝の気持ち、2人で幸せな家庭を築いていくことを伝えましょう。
一方カジュアルバージョンでは、『今日は僕たち2人の結婚披露宴にご出席いただきありがとうございます』といった流れではじまります。
フォーマルバージョンに比べるとやはり全体的に崩れた言葉使いになりますが、感謝の気持ちはきちんと伝えましょう。
フォーマルバージョンもカジュアルバージョンも、最後は『本日はありがとうございました』で締めます。

組み合わせて使える部分別の文例もありますので、事前にチェックしておくと安心。
ちなみに、謝辞のはじまりは必ず出席してくれたゲストへの感謝の気持ちを述べてください。
謝辞の中頃には2人のなれそめを語り、両親への感謝の気持ちを伝えます。

 

新婦スピーチ例文紹介


新婦スピーチも、新郎と同じ流れで行います。
女性ですから、女性らしさをプラスすると良いでしょう。
また新婦のスピーチといえば『感動』です。
はじまりは新郎と同じ出席してくれたゲストへの感謝の気持ちを伝えます。
エピソードは個々それぞれあると思いますから、しっかり固めておくことが大切です。
『幼い頃の思い出』や『嬉しかったエピソード』など、短い時間で伝えられるように分かりやすくスピーチします。

過去の失敗や後悔を書くのも良いでしょう。
『振り返ると、いつも反抗してばかりでした』
『多くの人に迷惑をかけたこと、とても反省しています』
などのように付け加えると感動へもっていくことができるでしょう。
もちろん、家族や皆に対してのお礼の言葉も忘れないようにしましょう。

 

上手くいくスピーチのポイント


流れをきちんと考えておくと、スピーチのときに失敗せずにすみます。
もちろん、多少失敗しても問題ありません。
あまり失敗を意識しすぎると緊張して上手く話せなくなってしまいますから、『なんとかなるさ』という気持ちで挑むと良いでしょう。
もちろん、スピーチにはきちんと流れがありますから、流れは大切にしてください。

上手くいくポイントは、『時間は2~3分』『練習をしっかりする』『カンペを用意しておく』などです。
例文を参考にするのも良いでしょう。難しく考えすぎずに、自身が思っていることを伝えてください。

スピーチの途中で、感極まって上手く話せない、名前を間違ってしまった、頭が真っ白になってしまったという方は少なくありません。
決して泣くのはNGというわけではありませんので、安心して続けてください。
名前を間違ってしまった場合は、直ちに訂正し謝罪しましょう。
うっかり頭が真っ白にならないように、原稿を用意しておくと安心です。

 

緊張しない為に


大勢の前で話すわけですから、誰だって緊張します。
そんなときの対処法は、先にも述べたように『事前に原稿を手元に用意しておくこと』です。
何も暗記して挑むわけではありませんから、言葉が詰まってしまう、頭が真っ白になってしまうことを想定し原稿を準備しておきましょう。

とにかく、練習のみです。
そうそう人前で話すことはありませんから、結婚式まで何度も練習しておくと安心です。
このとき、『本番をイメージして行う』と効果的。繰り返し繰り返し練習するしかありません。
また挨拶を行う前に、マイクの場所の確認や挨拶をする時間帯を確認しておく、会場の雰囲気に慣れる、お酒を飲みすぎないようにするなどが挙げられます。
特にお酒は悪いスイッチを入れてしまう恐れがあるので、挨拶が終わるまでは控えましょう。

ゆっくり落ち着いて、数回深呼吸をすると話しやすくなります。
『失敗しても大丈夫』とおおらかな気持ちでいるのがポイントです。